家族葬を執り行う【良い供養をしてもらえる場所】

簡潔にお悔やみを述べる

葬儀

焼香などはスムーズに

葬儀は故人を葬る儀式であり、主に故人と深い付き合いのあった人が参列し、告別式は故人に最期のお別れをする儀式で、さらに幅広い範囲の人々が参列します。儀式としては両者は異なる意味と性格をもっていますが、葬儀の後続けて告別式を行うことが多く、そこへ参列することを会葬といいます。藤井寺市で行う葬儀・告別式の時間は火葬場の都合もあり、定刻で始まります。そのため会葬者は遅刻しないように少し早めに藤井寺市の式場へ着き、受け付けで記帳して香典を渡します。藤井寺市の式場で会葬者は遺族の元へ挨拶に行く必要はなく、出会った時に簡潔にお悔やみの言葉を述べるか目礼するのがマナーです。知り合いと顔を合わせても、やはり会釈ですませます。会葬には余計な荷物を持たないようにコートなどは脱いで手に持ちます。参列者は葬儀から告別式まで、焼香や玉串奉奠、献花を済ませ、喪主の挨拶に耳を傾け出棺を見送るのが一般的な順序です。一般参列者の場合は告別式のみに参列するケースもありますが、その際にも出棺に差し支えないよう、早めに出向いて待機するようにします。葬儀では参列者により、仏式なら焼香、神式なら玉串奉奠、キリスト教式なら献花が行われるのは藤井寺市の通夜と同様です。この焼香や玉串奉奠、献花の際には流れを切れさせないようにしてスムーズに手順よくすませます。告別式から出棺までの間、少し時間がありますが、この間は静かに待機します。遺族の挨拶の後、ワゴン車や霊柩車が発車するので深く礼をして見送ります。