家族葬を執り行う【良い供養をしてもらえる場所】

故人の宗旨を尊重する

数珠

故人の希望に沿った形式を

柏原で行われる葬儀の多くは仏式で、次に神式、キリスト教式の順ですが、最近は都市部を中心にしきたりや宗教にとらわれない無宗教式も増えています。葬儀の形式を決める際は、生前故人が信仰していた宗教に則って行うのが基本です。例えば故人の信仰がカトリックで家が仏教の場合は、カトリックの形式で行います。生前故人が自分のお葬式について希望を話していた場合は、なるべく故人の希望に沿った形式を実現するように努めましょう。大切なことは、故人の信条や人柄を第一に考えて参列する人が故人を懐かしく偲びながら最期のお別れができる形式を選ぶことです。柏原で葬儀を仏式で行う場合、菩提寺があればそこの僧侶に依頼します。菩提寺が柏原から遠い地方にある場合はまずは電話で相談し、近くにある同じ宗派の寺を紹介してもらいます。菩提寺が分からない場合は実家や親類に聞いてみて、それでもわからなければ葬儀社に相談し紹介してもらいましょう。菩提寺を確認しないまま柏原の寺に頼んでしまい、後で異なる宗派だったと判明する場合など、後々の手続きが複雑になります。神式で行う葬儀は、家と関係のある神社へ連絡するか葬儀社に相談します。神社では葬儀を行うことはありませんので葬儀会場をどこにするのかを早めに決めておかなければなりません。キリスト教式の場合は、信者なら所属教会が決まっているのでまずその教会へ連絡して、神父や牧師と手順を相談しながら進めます。